・人の役に立てる仕事をしたい
・病気やけがの治療をしてくれた看護師に憧れた
・家族のなかに看護師がいる
などの理由で看護師を目指す人は多いですが、テレビドラマやマンガなどの影響を受けて看護師を目指す人も少なくありません。
特に、小学生の頃など、幼少期に見た記憶は強く印象に残るようです。
テレビドラマの場合、公式のホームページなどに感想を書き込めるようになっていますが、医療ドラマでは看護師に限らず、医者を目指している人の書き込みも多くみられます。
美しい面だけでなく、医療現場の人間関係・問題点も描かれているテレビドラマやマンガが人気となっているため、看護師として働き始める際も、理想と現実のギャップに戸惑う人は少ないようです。

 

薬剤師の種類の1つに「認定薬剤師」があります。
認定薬剤師は、特定の専門分野において、高い知識や技術、研修参加や試験合格などの実績・経験が認定された薬剤師です。
がん薬物療法、精神科薬物療法、HIV感染症薬物療法、感染制御、漢方薬・生薬など、様々な分野で認定薬剤師が存在します。
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、胎児・哺乳児を考慮しながら、妊婦・授乳婦に薬物療法を行い、小児薬物療法認定薬剤師は、小児科の医療チームの一員として、保護者に対しても薬についての指導や助言を行っています。
認定薬剤師の転職先については以下が詳しいです。

認定薬剤師は、医療チームでの薬の処方管理の責任者としても活躍が期待されています。

 

薬剤師の転職といっても普通の仕事と大した違いはないのです。
まずは、求人を探すことになります。
求人は色々な方法で入手できるのですが、今はインターネットを活用することが最もお勧めできます。
或いは、町で無料配布している求人誌などで情報を集めると良いです。
とにかく家から近いほうが良い、というのであれば、自分で歩いて探す、と言う方法もあります。
薬剤師と言うのは、かなりの時間と費用をかけて取得する資格ですから、かなり需要があるのです。
転職自体はそんなに難しいものではないのですが、気をつけないといけないのは良い環境化、ということであり、これはどんな仕事にも言える重要な要素なのです。薬剤師が転職することはそれほど珍しいわけではありません。